2007/9/25 火曜日

車両展示台(2)

昨日はC62を作っただけでなく、車両展示台の続きを手掛けました。

車両展示台(枕木敷設)枕木はMicro Engineeringの分岐マクラギ用を並マクラギの長さに切断して、3級線の間隔で配置しました。道床幅を忘れてしまった◇敏郎◇のかつての仕事ですが、マクラギ間隔は覚えていました。25m当たり39本です。お気付きのように、マクラギ間隔はこのように25mレール1本当たりの本数で管理していたんです。

車両展示台(レール敷設)次はレールの敷設です。レールもMicro EngineeringのCode 55を使いました。篠原のものとは違い、断面がレールの形をしていて実感的です。これをタミヤカラーのレッドブラウンで塗装して、ハンドスパイクしました。
当初、HOj用の12mmゲージだけにするつもりでしたが、HOeの車両も持っているので、9mmとのデュアルゲージとしました。

昨日の作業はここまでです。なかなか完成しないなぁ〜。

(続きを読む)>>

Tags: ,

  • 車両展示台
  • 飯田線の機関車(その2)
  • 飯田線の機関車(その1)
  • EF15 129[岡二]
  • 試運転完了
  • C62 23 完成試運転
  • 銚子電鉄 デハ500とデハ700
  • 銚子電鉄デハ700
  • 銚子電鉄デハ500 (4)
  • 今日も工作。
  • 銚子電鉄デハ500 (2)
  • さいたま鉄道模型フェスタ2008
  • 銚子電鉄デハ500
  • 戦利品の工作(4)
  • 今年最後の買い物!?
  • 戦利品の工作(3)
  • 戦利品の工作(2)
  • 模型屋巡り。
  • 物欲に負けた。
  • Filed under: model — ◇敏郎◇ @ 23:56:06

    2007/9/17 月曜日

    車両展示台

    少しづつですがHOjの車両が増えてきたので、「何か車両を引き立てるものを」と思って車両展示台を作ることにしました。

    車両展示台(素材)まずは素材ですが、東急ハンズ等で売っている展示台です。HOjの車両をバランスよく載せることを考えて、300mm×80mmのものにしました。場合によっては複線も可能ですから。

    さて、ここに直接レールを敷いてもいいのですが、車両を引き立てるために道床を作ることにしました。車両展示台(道床)車両展示台(道床貼付け)2mmと0.2mmのバルサを張り合わせて、幅32mmとしたものです。

    線路は◇敏郎◇のかつての仕事ですから基本的な寸法は身にしみているいると思っていたんですが、さすがに25年以上も経つと忘れてきますねぇ〜。道床厚は250mm(1級線、2級線)と200mm(3級線、4級線)と覚えていたんですが、軌道中心から道床肩までの寸法は忘れてしまいました。昔の参考書を引っぱり出して調べると、1,400mm(1,2級線のPC枕木は1,450mm)です。

    という訳でローカル線を想定して3級線規格で厚さ2.2mm、幅32mmとしました。

    車両展示台(ニス塗り)後は色付けです。今回はニスを塗ることにしました。

    今日はここまでです。枕木とレールを敷き、道床を撒くのはこの次です。

    Tags: ,

  • 車両展示台(2)
  • 飯田線の機関車(その2)
  • 飯田線の機関車(その1)
  • EF15 129[岡二]
  • 試運転完了
  • C62 23 完成試運転
  • 銚子電鉄 デハ500とデハ700
  • 銚子電鉄デハ700
  • 銚子電鉄デハ500 (4)
  • 今日も工作。
  • 銚子電鉄デハ500 (2)
  • さいたま鉄道模型フェスタ2008
  • 銚子電鉄デハ500
  • 戦利品の工作(4)
  • 今年最後の買い物!?
  • 戦利品の工作(3)
  • 戦利品の工作(2)
  • 模型屋巡り。
  • 物欲に負けた。
  • Filed under: model — ◇敏郎◇ @ 20:41:15

    HTML convert time: 0.370 sec. Powered by WordPress ME