2007/6/12 火曜日

Safari for Windows

今日から始まったWWDCSafari for Windows発表になりました。それもJobsの基調講演の「One more things…」だったようです。もちろん、今日からダウンロードできます。
まだ英語版パブリックで日本語は通らないようですが、レンダリング速度がIE 7より2倍、Firefoxより1.6倍速いということですから、とても気になります。

Jobsは『Safari for Windowsでブラウザの市場占有率を上げたい。』とのことのようですが、基調講演でも紹介されたように現在のSafariの占有率は5%、これに対しIE 7は78%、Firefoxは15%ですよ。さて、どこまでSafariの占有率をあげたいのかな??
Firefoxのシェアを喰っていくつもりなのかな?? それともIEなのかな??

IEユーザーはIEの機能や速度が優れているから使っているのではなく、ほとんどのIEユーザーはIEがWindowsのデフォルトのブラウザーだからであり、自分がブラウザにIEを使っているという意識はほとんど持っていないでしょうから。このようなユーザーからシェアを獲得するのは大変ですよ。

このようなユーザーからシェアを獲得するのは、何も意識せずにSafariを使うことになること。

その方法はただ一つ。Windowsユーザーでも使っているであろうiPodとともに使うことになるiTunesをインストールしたりアップデートすると、自動的にSafariもインストールされデフォルトのブラウザにすることだけでね。

頑張れ、Apple!!

Tags: ,

  • iPhone 4 導入準備完了。
  • ハードディスククラッシュ
  • やっとアップデート
  • 「ポチッ!!」としました。(2)
  • ハードディスクが逝ってしまいました。
  • Mac OS X 10.4.10
  • 実現すればいいのですが。
  • iPhoneは6月29日発売。
  • セットアップ完了。
  • 「ポチッ!!」とした物が届きました。
  • 「ポチッ!!」としました。
  • Filed under: Mac, Internet — ◇敏郎◇ @ 23:30:22

    コメント (0) »

    この記事にはまだコメントがついていません。

    コメント RSS トラックバック URL

    コメントをどうぞ

    HTML convert time: 0.258 sec. Powered by WordPress ME