2007/11/3 土曜日

飛行機で行く鉄道の旅(7)

清流しまんと2号@窪川土佐電鉄600形@後免町風邪の具合も良くなってきたので、お約束の「飛行機で行く鉄道の旅」から報告します。

今回はANAの超割とJR四国の四国遊きっぷを使って、予土線完乗の旅としました。

行程は、
羽田空港 ANA583(B763:JA8256) 松山空港
松山 JR四国予讃線(1055D 宇和海5号:2214) 宇和島 JR四国予土線(4840D 清流しまんと2号
:キハ54 4) 窪川 JR四国土讃線(50D 南風2号:2203) 後免 土佐くろしお鉄道阿佐線(4838D:9640-7) 後免町 土佐電鉄後免線(331:607) はりまや橋 土佐電鉄桟橋線(250:213) 高知駅前
高知龍馬空港 JAL1490(MD90:JA001D) 羽田空港

と四国の西側を巡るルートです。

関東地方に台風20号の接近が予想され、帰りの羽田着陸や羽田からの帰途が心配でしたが、四国の天気予報を見ると晴れマークになっていたので、雨の中を出発しました。

羽田から松山までのANA583も大きな揺れはありませんでしたが、雲中あるいは雲上飛行で地上が見えたのは松山へのアプローチ中だけでした。空港から市内へは伊予鉄道のリムジンバスで移動です。松山からの「宇和海5号」まで小一時間あったので、伊予鉄道の市内環状線を一回りしようかと思ったのですが、丁度よい電車がなかったので「四国遊きっぷ」を買って名物のじゃこ天うどんでも食べながら駅で待つことしました。

松山から宇和島までの予讃線は、途中に内子線を経由するルートなので海が見えるポイントは少ししかなく、ほとんどが四国山中をいくルートで予土線を含めてもう少し時期をずらして紅葉の時の方が良かったような気がします。

さて、メインの予土線ですが、乗車した4840Dには「清流しまんと2号」としてキハ54の後ろにトロッコ車両としてトラ45000が連結され、トロッコ車両には途中の十川から土佐大正まで乗車できるようです。という訳で、乗車している20名前後の乗客のうち数名の地元の方を除いて、そのほとんどが「同好の士」とお見受けしました。案の定、ほとんどの方が窪川まで完乗でした。
予土線のハイライトは何と行っても江川崎からの四万十川です。確かに「清流」でしたが、◇敏郎◇としては「天塩川」の方が良かったというか、ぴったり来たような気がします。『紅葉真っ盛り』の時期であったら、また違った印象だったかもしれません。

窪川からの土讃線は爆睡。目が覚めたら、高知の少し手前でした。高知で多くの乗客が入れ替えになりましたが、◇敏郎◇は後免まで行って土佐電鉄で高知へ戻ってきます。
土佐電鉄は久しぶりの路面電車です。路面電車といえば「市内電車」というイメージですが、今回の後免線は「市内電車」というよりは田園風景の中を行く「ローカル電車」という感じでした。『土曜の午後をまったり進む』感じでなかなかでした。

帰りのJAL1490は台風の影響でいろいろあったんですが、長くなりましたので改めて報告します。

Tag:

  • 今日も乗りつぶし。
  • 久しぶりの乗りつぶし。
  • 副都心線完乗
  • 公開運転会
  • 「碓氷峠鉄道文化むら」に行ってきました。
  • さいたま鉄道模型フェスタ2008
  • 飛行機で行く鉄道の旅(6)
  • 札幌に来ています。
  • 「青春18きっぷ」で行く富士山1周の旅
  • 飛行機で行く鉄道の旅(5)
  • モノレール完乗に向けて。
  • 飛行機で行く鉄道の旅(4)
  • 模型屋巡り。
  • 飛行機で行く鉄道の旅(3)
  • 房総半島横断鉄道の旅。
  • 関東乗りつぶしの旅。
  • 久しぶりの蒸気機関車。
  • 千葉県のモノレール完乗。
  • 飛行機で行く鉄道の旅(2)
  • 鹿島鉄道に乗って来ました。
  • 今、岡山です。
  • Filed under: Railway, Mileage, JR Shikoku — ◇敏郎◇ @ 22:37:06

    コメント (0) »

    この記事にはまだコメントがついていません。

    コメント RSS トラックバック URL

    コメントをどうぞ

    HTML convert time: 0.288 sec. Powered by WordPress ME